01 にわ大って

トップ > にわ大って

「にわ大」とは「東京にしがわ大学」の愛称。自然が豊かな多摩地域を舞台に、学びでつながるコミュニティ。 みんなで気持ちよく過ごせる「庭」みたいな学校をめざしています。

ごあいさつ

2010年10月にはじまった東京にしがわ大は、7年目に突入しました。

多摩地域の30市町村をキャンパスに見立てた学びの場として、
学生登録者数は3,500名を数え、実施した授業・イベント数は
200近くになりました(2016年10月現在)。

また、にわ大に参加していた人の中には、
にわ大を「卒業」して自分により身近な地域、身近な課題をテーマに、
にしがわや日本各地で活躍している人もたくさんいます。
にわ大のプラットフォームを超えて、人のつながりや学びの楽しさが広がっていることは、
何より喜ばしいことです。

市民活動やNPO活動では、継続がひとつの課題ですが、
にわ大は多くのみなさんの支えがあって、今日まで活動を続けることができています。
授業やイベントを作るにあたっては、事前の準備から当日まで、
さまざまな形でたくさんの人が仕事や家庭を持ちながらのボランティアで携わっています。
そんな、たくさんの想いが集まって続いてきたのが、今のにわ大です。

7年目に入るにあたり、にわ大の方向性を検討しましたが、答えとして出たことは、
にわ大を継続したいということと、方向性は変えずに学びの場を広げていきたいということでした。
学びの深さや広がりはその人の状況によって異なってきますが、
大事にしたいことは、知識の学びだけではなく、
人のつながりや自分が暮らす地域への愛着が広がっていくきっかけをつくっていくことです。

そして、活動初期から参加してくださっている方も、初めてこのサイトを見てくださった方も、
誰でも気軽に参加できて、いつでもふらっと立ち寄れる、
多摩地域の「庭」のようなあたたかい場所を続けていきたいと思います。

2016年10月吉日
東京にしがわ大学 3代目学長 伊藤恵梨