学長日記

トップ > 学長日記

rss

2016.09.13 (火)

新しいにわ大、誕生の話し。

最近はSNSもあり、すっかりこちらの更新をしていませんでした。

来月10月で、にわ大が開校して6年になります。
にわ大は、3年任期で学長が交代します。
わたしは、今月をもって2代目学長を退任します。

では、3代目学長は?

「にわ大のつくりかた」なんて本は当分でないでしょうがいつかできるかも知れないし、3代目学長と運営メンバーが誕生した経緯を残しておきたいと思います。

今年の春ごろ、突如、新学長公募&選挙が公表されましたが、あれはなに?と思われる方ばかりで、周知もなくうまくいきませんでした。
にわ大は、ゆっくりであっても、膝をつき合わせて話し合い、みんなの意識がともに高まり、はじめていい結果をつくってきました。

6年前に、東京のにしがわ、多摩30市町村をキャンパスに見立てはじまった、東京にしがわ大学。
この6年間で、街や暮らしをより良くしたいと、にしがわの地域にも様々な団体や場所がうまれてきました。
私自身もにわ大に共感し、ここでの活動と出会いを切っ掛けに、ものづくりを通したコミュニティスペースを国立市につくりました。

これまでのにわ大や、多様なコミュニティが生まれているにしがわの状況を振り返り、にわ大の役割や存在する意味、これからも必要であるのか。必要ならばどんなにわ大であって欲しいか。
そんな話し合いを繰り返し、にわ大2.0をつくるべく、5名の検討委員会が発足したのが、7月17日でした。
20代から70代、みんな様々な仕事に就き、経歴を持っていて、これまでもスタッフとしてコーディネータとして、それぞれの想いをもって、にわ大に関わってくれていた人たちです。 忙しい中、約1ヶ月をかけて、にわ大2.0の骨子をつくってくれました。

骨子をもとに、9月11日の夜に検討委員はじめスタッフ達が集まり、にわ大2.0を共有し、ひとりひとりが、にわ大のことや自身との関係について語りました。
そして、これからのにわ大に運営として、学長の任を背負うぐらいの覚悟がある人は誰か、ということで、5名の検討委員プラス3名の計8名が挙手をし、新体制の運営メンバーが決まったのです。


やぼろじにて.jpgのサムネイル画像


スタッフ達が見守る中、あらためて、これからのにわ大にかけるアツイ思いを、新運営メンバー8名それぞれが話してくれました。

事務局長なら、副学長ならと、手を挙げる人もいました。
話しながら感極まって涙を流す人もいて、温かいものが胸をギュッと掴みました。
この時点でもう、だれがどの任に着こうが、文句なしの雰囲気でした。

では、きちんと学長を決めましょう。
ということで、8名のみで相互投票したところ、票が2人で割れました。
今度は、その2名のみ、誰もいない外へ出て、ふたりっきりで話し合いをしました。
私たちは、どちらが学長になっても嬉しいね!と、楽しみに、新しいにわ大のことを話しながら、待っていました。

これら様々なプロセスをじっくりと経て、そして最後はふたりの話し合いで、いよいよ学長が決まりました。

3代目学長は、伊藤恵梨さんです。
副学長は、岸加奈子さん。
そして、事務局長には山本岳史さんが指名されました。

私たちは、彼女たちの話し合いの結果と想いに、快く頷いていました。

自ら名乗り出た8人が新運営メンバーとなり、その中から学長と副学長と事務局長が誕生しました。
とても心強く頼もしい、新しいにわ大を予感させてくれます。

新体制のご紹介は、また後日、あらためて発表があると思います。
みなさま、楽しみにお待ちください。
そして、これからも、東京にしがわ大学をよろしくお願いします。

---

おまけの話し。

新学長と運営メンバーが誕生した日の打ち上げの席で、言い間違いから「他己責任」という言葉が生まれました。
運営メンバーが相互に責任を持ち合って、強い絆で進めていきましょうという、彼らにピッタリで、コミュニティ運営に必要な言葉だと思いました。
それに、8人でタコっぽいし。

もちろん、10や20と、その仲間が増えていって欲しいなと、願っています。


 西川義信

2014.07.29 (火)

御岳山で合宿

観測史上7月に初めて全国で4分の1で猛暑日を記録した、7月26日土曜日。
わたしたち東京にしがわ大学Webサイトリニューアルチームは御岳山を訪れ、開発合宿を行いました。



DSC_0476.jpg

食と場を提供してくださったのは、御師が営む宿坊「藤本荘」さん。
先日、御岳の授業でもお世話になりました。
エアコンもいらず、緑が多く畳が心地よいお宿です。
東京にも避暑地はあるんですね。



DSC_0479.jpg

武蔵御嶽神社で参拝ののち開発です。



DSC_0480.jpg

集まったのはデザイナ、Webエンジニア、システムエンジニア、デザインディレクタ、編集者など7名。
13時から翌12時までみっちりと。



DSC_0483.jpg

19時にはお待ちかねの御師料理。
やっぱり美味しい!

お酒も飲まず晩御飯を食べる様は、にわ大としては珍事。
いつもマジメにふざけてますが、今回は本気なのです。


しかし、日付も変わるころには、この有様である。


DSC_0487.jpg

みんな、お疲れ様です。




10517960_731582883573477_4574549809987367240_n.jpg

暑い一日を予感させる青空で翌朝を迎えました。


にわ大は、こうやって力を持ち寄り、つくられています。
参加する楽しさ、関わる喜び、運営する責任感。
どれも、学ぶことがたくさんあるなと、実感した二日間でした。


お披露目は、もう少しあとで。
関わる"人"を大切にしたWebサイトを目指しています。

2014.04.05 (土)

高校教科書に掲載されました

平和な世界がくるように
はやく大きくなりたいな


先日、5ヶ月になる息子の入園式で年長さんたちが歌ってくれた歌詞です。
エレクトーンの伴奏に合わせ、恥ずかしがりながらも元気に歌うその小さな口から、この言葉を聞いてハッとしました。

この世界はまだ平和ではないのだと。

「幸せになるには、その周囲の幸せも必要。自分が幸せであるには家族の幸せも。家族の幸せには暮らす地域、その隣の地域」
なんてことを話すことがあるのですが、究極は世界なのです。
恐れ多くてそこまで口にしたことはありませんが。

せめて、彼らの身近な社会が平和であるには何ができるだろうかと、あらためて考えさせられました。


さて、4月は始まりの月です。
入園、入学、進級、新社会人。
新たに学ぶ事は多いと思います。

前置きが長くなりましたが、東京にしがわ大学がこの4月からの教科書に掲載されることになりました。
清水書院様の高校用教科書「現代倫理」です。


201404_清水書院_高校教科書「現代倫理」_1.jpg

201404_清水書院_高校教科書「現代倫理」_3.jpg

(掲載承諾済み)

掲載にあたり、ご尽力いただいた関係者の皆様ありがとうございます。
平和な世界について考えるには必要な教科ですね。
わたしもじっくりと読んでみます。
この教科書をお持ちの方はぜひ、にわ大が掲載されているページをご覧になってくださいね。

2014.02.25 (火)

にわ大のこれからをつくる、仲間募集

記録的な大雪から2日後の2月16日に東大和市中央公民館で、前学長の酒村なをと一緒に、にわ大の話をさせていただきました。
最寄り駅の上北台から中央公民館への道中、住宅街はしっかりと雪かきがされていました。
住んでいる人たちのいい関係があるのだろうなぁと思いながら、すっかり歩きやすい道を登山靴で会場に向かいました。
講演会の様子はこちら


さて。
今回はWebサイトとシステムを一新する仲間の募集です。

東京にしがわ大学は現在4年目。
にしがわの様子やにわ大も少しずつ変ってきました。

新たな取り組みに対応し
にしがわの魅力を伝えられ
関わる人たちの顔が見えて
よりにわ大を活用しやすい

そんなWebサイトと活動支援システムを目指して準備を進めています。
デザイナー、システムエンジニア、編集者など様々なプロが仕事の合間に集まって、夢を膨らませながら楽しく会議を重ねています。

4月には一部のコンテンツをリリース。
そして、9月に全面リニューアルを予定しています。

gakucho201402-01.jpg

今、新しいロゴとサイトイメージが生まれつつあります。

楽しくて使いやすいWebサイトや、活動を支援するにはどんなシステムがいいか。
つかう技術の組合わせはどうしよう。
せっかくなので、新しいこともしたい。
仕事とは違うし、お給料をもらえるわけでもない。
だからこそ自由に、みんなでやりたいことを追求しようと取り組んでいます。

にわ大には校舎がありません。
Webサイトやシステムは大切なコミュニケーションのひとつです。
新しいにわ大を開発者として一緒につくってみませんか?

・Web UI コーディングが得意な人(HTML5,CSS,Ajaxなど)
・CMSテンプレートのカスタマイズに明るい人

を募集します。
7月26・27日は、デザイナーやエンジニアみんなが集まって開発合宿を予定しています。

興味がある方は、こちらまでご連絡ください。
info@tokyo-nishigawa.net

Webサイトリニューアルとシステム構築に取り組んでいる仲間たち

有田 夏希(デザイナー、スタッフ)
中村 哲也(Webデザイナー、スタッフ)
西川 義信(システムコーディネーター、学長)
萩原 修 (デザインディレクター、運営メンバー)
早川 一樹(システムエンジニア、運営メンバー)
堀田 顕人(WEBディレクター、スタッフ)
宮内 賢治(デザイナー、運営メンバー)
山田 弘美(編集者、副学長)

2014.02.14 (金)

東大和市で、にわ大の話をします

みなさま、こんにちは。
東京は雪が降っているそうですね。
わたしは今、北九州は小倉に来ています。
こちらでも山がうっすらと雪化粧をしています。

さて。
にわ便りでも案内がありましたが、2月16日(日)に東大和市中央公民館で
魅力ある公民館活動を目指して - 東京にしがわ大学から学ぶ -
という講演があります。

切っ掛けは、酒村なをが学長だった昨年の夏。
国立市の公民館でなをちゃんが講演したのを、東大和市公民館職員の方がお聴きになっての依頼です。

なぜ、幅広い年齢層が集まっているのか。
なぜ、様々な地域から参加する人が居るのか
どうやって、授業がつくられるのか。
どうして、関わる人がたくさんいるのか。

にわ大に、そんなご興味をお持ちだそうです。

1月某日。
なをちゃんに誘われ、東大和市中央公民館にお忍び見学に行ってきました。

DSC02189.jpg

一歩足を踏み入れると、どこからか音楽が聞こえてきました。
ホールの舞台袖から入った私たちを温かく迎えてくださったのは、民謡サークルの政藤会のみなさま。

お持ちの本には全国の民謡が載っていました。
自分の故郷の聞き慣れた唄を見つけて嬉しくなりました。

DSC02180.jpg

20年ほど続くサークルで、明確な先生はいないそうです。
上手な人が教え、習いたい人が習う。
それでも、全国大会で入賞するほどの団体だそうで、府中市から通われている方もいます。
会員のほとんどは、ご高齢の方です。

「会費は月500円ぐらいのお菓子代。家にいるより、みんなで集まって教えあって交流して元気でいたい」

代表の岡本さんのことばです。
近所の老人福祉施設でも発表会をされるそうです。

「公民館のあゆみ」には学びを通じて地域交流を図ってきた歴史が書かれていました。
岡本さんの話とあわせ、根底はにわ大と似ていると感じました。
大先輩達も同じ思いで歩んでこられているのですね。

でも、なぜにわ大が魅力的に映るのでしょうか。

16日はわたしも出演することになりました。
なをちゃんとにわ大のことを話しながら、先輩達の声も聞けたらいいなと思っています。

市外の方の参加も自由、事前登録も不要です。
足下が心配ではありますが、ご都合のよろしい方はぜひお越しください。

プロフィール

東京にしがわ大学学長
西川義信

ITをつかって・つくって・つなぐ人。滋賀県甲賀市出身、国立市在住。茶畑広がる田舎で育つ。自然と食を中心にコミュニティづくりに取り組む。にしがわで多彩な人々の多様な関わりがあり、豊かなくらしのひとつに東京にしがわ大学があるよう日々奮闘中。

バックナンバー

rss