学長日記

トップ > 学長日記 > 2011年3月

rss

2011.03.27 (日)

4月授業申し込み開始

4月の授業、申し込み開始しました。
 
今回の授業は、全て【特別授業】です。
震災後、3月の授業を全て中止し、当初予定していた4月の授業も全て白紙に戻しました。
そして、職員間でいろんな話をした中での今回です。
  
授業コーディネーターのみんなの「いまできること」が授業になっています。
 
ご参加いただければなによりです。

【4月授業詳細】

2011.03.22 (火)

できること

東北関東大震災から11日が経ちました。
 
不足する物資、入らない情報、支援の手が届かない地域、さらに原子力発電所の事故。
被災地の方々を思うと、多くの方がそうであるように、わたしとしてできることをと思います。
微力でもいいから。
 
同時に「にわ大としてできること」を考えました。
 
おしらせでお伝えしたように、4月の授業は開催を決定しました。
職員で話し合った結果です。
 
この様な状況で開催することが果たしていいことなのか、職員間でもいろんな意見がありました。
ほかにも賛否両論あると思います。
 
それでも、
「にわ大にしかできない授業」をやることが、
「にわ大としてできること」なんだと。
 
 
授業は近日中にお知らせする予定です。
ご参加いただければなによりです。
 

2011.03.22 (火)

奉仕

今日、立川高校1年生の「奉仕」の授業の一環として、にわ大の話をさせてもらいました。弟よりも年下のひとがたくさんいる中で話すのは、いつもとちがう緊張感がありました。
それでも、伝えたいことは話せたと思います。
 
都立高校では、5年前から「奉仕」の授業が必須科目になっているそうですが、このお話をいただいた時、「奉仕」という単語がすこしだけ気になりました。
 
にわ大は「奉仕」なのかな。
 
奉仕とは、「誰かのためにつくせること」です。
にわ大の活動はすこしだけちがうと思っています。
・・・いや、ちがうのではないですね。
「それだけではない」 が正しいです。
 
「誰かのためにつくせる」というのは、とても素晴らしいことです。
そしてそれが「お互い」だったらもっと素晴らしいです。
 
にわ大が、そんな人間関係を結べるきっかけになればなと思っています。
 


2011.03.21 (月)

立川高校

明日、立川高校1年生のみなさんに、にわ大の話をしてきます。
 
現役の高校生の方に、にわ大の話をするのは初めてです。
とてもとても緊張します。
 
ただ、今回の震災でコミュニティの重要性を再確認したからこそ、伝えたいことがたくさんあります。
緊張するけど、わたしなりのことばで話そうと思います。
 
んー、でもやっぱり、どきどきしてますね。
 

2011.03.17 (木)

情報を吟味すること

東北関東大震災の福島第一原発報道が連日されています。
この報道および現状自体に思うところはあるけれど、ひとつだけ。
 
日本は世界唯一の戦争被爆国です。広島、長崎、悲惨な歴史があります。
 
わたしの祖母は長崎の人で、被爆者です。
わたしは被爆3世になります。
 
それでわたし自身の健康状態に障害は現れていませんが、幼いころから祖母は体験を話してくれました。
「ああ、それってすごくいやだな。悲しいな。」
と思ったのを覚えています。
 
原子力発電所の事故が、どれだけの人と地域に被害を及ぼすか、実際の数字が出ていない今では書くことはできませんが、その被害は大変なことです。
 
現在、福島第一原発で動いてくれている 自衛隊の方々、東京電力の方々、警察機動隊の方々はほんとにいのちをかけていると思います。
 
映像を観ながら「ここまで多くのリスクを持ちながら進めるのはなぜ?」と思ってしまいます。
 
情報が溢れている現代。
ひとつのことを判断するためには、100の情報を吟味して、いままでの歴史もしっかり見て、そこから自分の判断をしていかないといけないな と感じました。
 

プロフィール

東京にしがわ大学
三代目学長
伊藤恵梨

三重県出身。学生時代に御岳山に出会い、御師集落の取材・研究活動を開始。2013年から毎年、にわ大でも御岳山の授業を実施中。七福神めぐり、風景印集めなど、何かをめぐり(収集)しながら地域のよさを見つけるのも好き。だれでも、いつでも、お帰りなさいで迎えられる、あたたかい学びの場を目指します!

バックナンバー

rss